ホーム > 住友生命について > 創作四字熟語 > 2018 > 優秀作品

猛夏襲来(蒙古襲来)

(もうかしゅうらい)
7月から8月にかけて、全国的に例年を上回る暑さとなり、多くの熱中症患者を出した。

  • 大阪府 渡辺 廣之 (65歳)

創作四字熟語 2018年の世相を反映した50編

優秀作品 10編

台量発生(大量発生)

(たいりょうはっせい)
今年は台風が多く発生し、次々と日本列島に襲いかかった。

  • 京都府 吉岡 正博 (62歳)
地震暗来(疑心暗鬼)

(じしんあんき)
北海道で大きな地震の後、ブラックアウトという前代未聞の停電がやって来た。

  • 北海道 横山 和之 (47歳)
古里悩税(ふるさと納税)

(ふるさとのうぜい)
総務大臣がふるさと納税の見直しを表明。高額な返礼品などの規制に自治体は苦悩している。

  • 千葉県 和田 秀樹 (53歳)
豊洲始場(豊洲市場)

(とよすしじょう)
築地から豊洲へついに移転、新たな日本の台所の歴史が始まった。

  • 岡山県 大月 昭人 (33歳)
  • 愛知県 浅岡 圭吾 (55歳)
  • 神奈川県 太田 光彦 (45歳)
  • 神奈川県 大森 俊二 (85歳)
朝米歩会(朝令暮改)

(ちょうべいぼかい)
史上初の米国・北朝鮮の首脳会議を開催。両国が歩み寄って会談につながった。

  • 神奈川県 井上 博 (51歳)
  • 愛知県 岩谷 暢洋 (27歳)
  • 茨城県 後藤 貴弘 (40歳)
一蹴懸命(一生懸命)

(いっしゅうけんめい)
サッカーW杯での日本代表選手たちの必死な頑張りに心うたれた。

  • 北海道 塚越 毅 (64歳)
金農感謝(勤労感謝)

(きんのうかんしゃ)
夏の甲子園、金農ナインに感謝の声が続出。

  • 茨城県 後藤 貴弘 (40歳)
  • 徳島県 安藝 達也 (45歳)
  • 愛知県 浅岡 圭吾 (55歳)
  • 秋田県 関谷 正夫 (70歳)
  • 秋田県 奈良 純嗣 (36歳)
威圧廃止(気圧配置)

(いあつはいし)
あっちでもこっちでもパワハラ問題続出。パワハラはいけません!

  • 奈良県 村上 三佐子 (74歳)
顔出奇没(神出鬼没)

(がんしゅつきぼつ)
ひょっこりはんが大ブレイク。

  • 茨城県 藤田 将嗣 (17歳)

ページの先頭へ戻る