ホーム > 住友生命について > 創作四字熟語 > 入選作品

創作四字熟語 2018年の世相を反映した50編

入選作品 40編

政治・経済

通仮流出(通貨流出)

(つうかりゅうしゅつ)
仮想通貨取引所に不正アクセスで約580億円の流出被害。

  • 神奈川県 大森 俊二 (85歳)
賭色公然(古色蒼然)

(としょくこうぜん)
カジノを中核とする統合型リゾート(IR)実施法が成立。

  • 神奈川県 木本 英男 (57歳)
安晋三選(安心安全)

(あんしんさんせん)
9月の自民党総裁選で、安倍晋三首相が3選を果たした。

  • 京都府 吉岡 正博 (62歳)
  • 茨城県 後藤 貴弘 (40歳)
八転十消(発展途上)

(はってんとしょう)
消費税が8%から10%へ、来年の開始に向けての流れが加速。

  • 京都府 吉岡 正博 (62歳)

社会

振袖詐欺(振り込め詐欺)

(ふりそでさぎ)
振袖販売業者が成人式の日に突然休業。後に詐欺罪で立件。

  • 大阪府 中曾根 太郎 (35歳)
  • 岩手県 内潟 洋大 (30歳)
  • 神奈川県 太田 光彦 (45歳)
風疹禍惨(風林火山)

(ふうしんかざん)
全国的に風疹にかかった人が増えた。

  • 千葉県 和田 秀樹 (53歳)
隼火竜到(春夏秋冬)

(しゅんかりゅうとう)
「はやぶさ2」が小惑星リュウグウへ到着。

  • 神奈川県 大森 俊二 (85歳)
雨威天変(有為転変)

(ういてんぺん)
昨今の豪雨や地震の頻発で想定外の被害が出ている。

  • 京都府 ゥ岡 秀憲 (70歳)
  • 北海道 山重 真一 (63歳)
  • 大阪府 渡辺 廣之 (65歳)
対処猛暑(大所高所)

(たいしょもうしょ)
今年の夏は暑さがこれまでになく厳しく、熱中症や脱水症対策が必要だった。

  • 群馬県 与那嶺 真也 (41歳)
夏期休蚊(夏期休暇)

(かききゅうか)
猛暑のため蚊の活動が鈍り、刺されることがほとんどなかった。

  • 高知県 住友 雅子 (60歳)
山中子索(暗中模索)

(さんちゅうこさく)
ボランティアの尾畠春夫さん、大活躍。

  • 愛知県 桜井 啓子 (64歳)
応急書置(応急処置)

(おうきゅうしょち)
学習内容が増え、学校に教科書を置いておいても良いという風潮になってきた。

  • 千葉県 和田 秀樹 (53歳)
関災空港(関西空港)

(かんさいくうこう)
台風の影響で滑走路が浸水、連絡橋も事故でとんだ災難に。

  • 東京都 小杉 賢一 (61歳)
  • 千葉県 和田 秀樹 (53歳)
塩線不通(沿線不通)

(えんせんふつう)
台風の影響で海水が電線にかかり停電。電車も不通になり大混乱。

  • 群馬県 星野 修志 (68歳)
電力感謝(電力会社)

(でんりょくかんしゃ)
台風による停電、北海道地震のブラックアウト、電気の有難さが身に染みた。

  • 大阪府 石橋 直子 (76歳)
逃奔世騒(東奔西走)

(とうほんせいそう)
今年はさまざまな逃走事件がおこり、世を騒がせた。

  • 山口県 佐々木 康之 (50歳)
  • 北海道 山重 真一 (63歳)

国際情勢

祝賀王子(祝賀行事)

(しゅくがおうじ)
英王室ヘンリー王子とメーガン・マークルさんが結婚式をあげ、みんなで祝賀。

  • 神奈川県 大森 俊二 (85歳)
一心洞泰(一心同体)

(いっしんどうたい)
タイの洞窟での救出劇、世界中が心を一つに祈った。

  • 茨城県 後藤 貴弘 (40歳)
貿易荒渉(貿易交渉)

(ぼうえきこうしょう)
貿易摩擦で荒れる米中の貿易交渉。

  • 神奈川県 大森 俊二 (85歳)

文化・スポーツ

名誉盤界(名誉挽回)

(めいよばんかい)
羽生善治氏と井山裕太氏に国民栄誉賞。

  • 秋田県 佐藤 和広 (60歳)
  • 神奈川県 木本 英男 (57歳)
潜伏遺産(潜伏期間)

(せんぷくいさん)
「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」の世界文化遺産への登録が決定された。

  • 岡山県 大月 昭人 (33歳)
  • 茨城県 後藤 貴弘 (40歳)
対癌賞受(大願成就)

(たいがんしょうじゅ)
本庶佑先生、ノーベル医学生理学賞受賞。

  • 京都府 堀井 弘 (58歳)
免力薬助(面目躍如)

(めんりょくやくじょ)
「オプジーボ」の開発につながる研究にノーベル賞。

  • 京都府 堀井 弘 (58歳)
偉児黒白(時時刻刻)

(いじこくはく)
世界オセロ選手権で、小学5年生の日本人少年が、歴代最年少の優勝を果たした。

  • 大阪府 渡辺 廣之 (65歳)
一投両打(一刀両断)

(いっとうりょうだ)
投げても打ってもすごい大谷翔平選手。

  • 東京都 谷本 彩乃 (27歳)
  • 埼玉県 浜野 光明 (48歳)
冬季燦然(光輝燦然)

(とうきさんぜん)
平昌冬季五輪で史上最多メダル獲得。

  • 茨城県 後藤 貴弘 (40歳)
結弦実行(有言実行)

(ゆうげんじっこう)
「誰が取ろうが、僕も取ります」 まさしく、有言実行。

  • 東京都 渡辺 めぐみ (47歳)
  • 東京都 奥田 美樹子 (53歳)
  • 神奈川県 堀口 直子 (62歳)
一身同隊(一心同体)

(いっしんどうたい)
冬季五輪のパシュートで金メダル獲得。

  • 愛知県 古川 明夫 (70歳)
娘軍奮銅(孤軍奮闘)

(こぐんふんどう)
カーリング娘たちが奮闘し、銅メダルを獲得。

  • 愛知県 岩谷 暢洋 (27歳)
才色犬備(才色兼備)

(さいしょくけんび)
美少女スケーター、ザギトワ選手が見事な金メダル。ご褒美に秋田犬もゲット!

  • 大阪府 五十嵐 克顕 (71歳)
百夏繚乱(百花繚乱)

(ひゃっかりょうらん)
第100回の全国高校野球選手権大会。もつれた好試合が多く見られた。

  • 滋賀県 井田 あさみ (65歳)
春夏再桐(春夏秋冬)

(しゅんかさいとう)
大阪桐蔭高校、甲子園史上初、2度目の春夏連覇。

  • 徳島県 安藝 達也 (45歳)
六冠笑嬢(六根清浄)

(ろっかんしょうじょう)
アジア大会の競泳で六冠を果たした池江璃花子選手が、笑顔でMVPを受賞した。

  • 大阪府 渡辺 廣之 (65歳)
  • 徳島県 安藝 達也 (45歳)
全米庭覇(全米制覇)

(ぜんべいていは)
女子テニスの大坂なおみ選手が全米オープン制覇。

  • 茨城県 後藤 貴弘 (40歳)
角界騒揺(隔靴掻痒)

(かっかいそうよう)
日馬富士関引退や貴乃花親方の突然の引退など、今年も揺れた大相撲。

  • 岡山県 須々木 伸介 (49歳)
  • 奈良県 村上 三佐子 (74歳)
  • 東京都 山本 桂子 (55歳)
  • 大阪府 渡辺 廣之 (65歳)

流行・芸能

踊米繁盛(商売繁盛)

(ようべいはんじょう)
『U.S.A.』が大ヒット。皆さん歌って踊って盛り上がった。

  • 茨城県 後藤 貴弘 (40歳)
大入万引(大入満員)

(おおいりまんいん)
カンヌ国際映画祭で『万引き家族』が最高賞パルムドールを受賞した。

  • 神奈川県 大森 俊二 (85歳)
哀桃之悲(哀悼の意)

(あいとうのひ)
さくらももこ先生に日本と世界のファンから悲しみの声。

  • 茨城県 後藤 貴弘 (40歳)
安室降歌(温室効果)

(あんしつこうか)
多くのアムラーたちに惜しまれつつ、平成の歌姫・安室奈美恵さん引退。

  • 東京都 関根 寛 (59歳)
顔面笑白(顔面蒼白)

(がんめんしょうはく)
お笑い芸人のくっきーさんによる白塗りの顔まねが流行り、たくさんの人々を笑わせた。

  • 愛知県 岩谷 暢洋 (27歳)

ページの先頭へ戻る